カラダカラ

ビタミンCとリコピンの抗酸化作用で免疫力アップ !
トマト

カラダカラ Vol.6

健康への第一歩は、まず食事から。体調を整えるのに効果的な旬の食材と、それを使ったおススメのレシピを紹介します。

ビタミンCとリコピンの抗酸化作用で免疫力アップ!トマト

  • ダカラPoint!

    新鮮でおいしいトマトは、ヘタが濃い緑色をしていて、赤い実の部分も色ツヤがよく、ハリがあってずっしり重みがあります。また、お尻のスターマークが大きな放射状の線を描いていると甘みが強く、小さいと酸味が強いといわれています。

  • トマト

活性酸素を除去して免疫力を高める「リコピン」

夏野菜の代表として知られるトマトには、「トマトが赤くなると医者が青くなる」ということわざがあるのをご存じですか? トマトには健康を維持・増進する栄養素がたくさん含まれていて、「食べると病気知らずで、医者がもうからなくなる」とのことから、ヨーロッパでは古くから言い伝えられてきました。

実際、トマトには、夏バテ防止や疲労回復に効果的なビタミンCや、カリウム、鉄分、リン、カルシウムなどのミネラルがバランスよく含まれています。

もともとトマトは南米アンデス高原が原産地で、その後、ヨーロッパへ伝わったものの、その見た目の赤色から、「毒がある」と誤解され、観賞用としてのみ栽培されてきた歴史があります。しかし、トマトの赤色は、カロチンの一種であるリコピンの色素によるもの。非常に高い抗酸化力があって、紫外線や食生活の乱れ、ストレス、喫煙、飲酒などで発生した活性酸素を除去し、免疫力を高めて、老化やがん、感染症の予防に役立つことが分かっています。

一般的に、野菜は冷蔵庫で保存するものと思われがちですが、夏野菜であるトマトは、一つずつ新聞紙に包み、ヘタを下にして15〜25℃の日陰で保存すると、しっかりと完熟し、より多くのリコピンを摂取することができます。

トマト1個を丸ごと調理!皮ごと食べるとよりヘルシー

今回ご紹介する「トマトの肉詰めチーズ焼き」は、トマトの中身をくり抜き、鶏ムネひき肉と一緒に炒めて、器に見立てたトマトに詰めてチーズをのせて焼きます。トマトを丸ごと食べるので、皮の部分に含まれている、免疫を正常化する酵素、ペルオキシダーゼまでしっかり取ることができます。

ひき肉は牛でも豚でもよいですし、炒める手間を省きたいときには、加熱済みの市販の鶏団子を詰めてもおいしくいただけます。

リコピンは、油と一緒に取ると吸収力が上がるので、最後にオリーブ油をさっとかけて食べるのもおすすめです。

カラダカラRecipe!

材料(1人前)

  • トマト(大)……1個(200g)
  • 鶏ムネひき肉……60g
  • 玉ねぎ……1/6個
  • とろけるスライスチーズ……1枚
  • オリーブ油……適量
  • 塩・こしょう……少々
  • ハーブ(バジルやパセリなど)……数枚

作り方

  1. トマトは、ヘタの部分がふたになるように上から1/3程度でカットし、中身をくり抜く
  2. 鍋にオリーブ油をひき、鶏ムネひき肉と粗みじんにした玉ねぎを炒める 
  3. 火が通ったら、くり抜いたトマトの中身を加えてさらに炒め、塩・こしょうで味付けする
  4. くり抜いたトマトに炒めた具材を詰め、スライスチーズを半分、または1/4に折って上にのせる
  5. オーブントースターで5分ほど加熱すれば完成。最後にハーブを飾って彩りを添える
酒井 良子さん

酒井 良子さん(さかい・よしこ)

日本医科大学付属病院 栄養科 副栄養科長・管理栄養士

糖尿病療養指導士、NRサプリメントアドバイザー、栄養相談専門士、人間ドック健康情報管理指導士を取得。生活習慣病の栄養管理に力を入れるとともに、栄養科の責任者としておいしい病院食を目指しメニュー改善に取り組む。

PAGE TOPへ